ペルセウスの旅人

   
   
   
   
   
   
   
客は、夜半過ぎにやってきた。
年に一度の『星渡りの夜』だった。
遠い遠い、ペルセウスの旅人たちが、星の欠片を散らしながら、この暗く広い海を渡っていく日だ。
  
僕はすでに店を閉め、厨房の火を落としていた。
調理場の後始末も、食堂の掃除も、その日の仕事は全て終わっていた。
そして、窓辺から外を眺めながら、ストーブの余熱で温め直した珈琲を、のんびりと味わっているところだった。
  
そこに、客がやってきた。
  
三回のノック。幻聴かと思った。
しばらくして、もう三回。僕はドアを開けた。
男は、夜中に訪ねてきたことについて、丁寧に詫びた。
そして、言った。
「空いている部屋はありませんか」
白い節くれだった指で、かぶっていたフードをゆっくりと取った。
僕は彼を食堂に招き入れ、冷めかけた珈琲を出した。
「おなかは空いている? パンが残っているから、サンドイッチくらいなら・・・」
「いえ、大丈夫。泊めて下さるなら、それで」
そして、遅くに申し訳ないと、もう一度詫びた。
「道に迷ったんです。・・・別に、急ぐ旅ではないのですが」
「気にしなくていい。どうせ今夜は、暫く起きているつもりだったから」
  
「『星渡りの夜』ですね」
彼は、窓の外に目をやった。
「そうだね。でも、今年はさっぱりダメだね。段々と、変わってきている」
星の海は、わずかに赤く光っていた。にごった光だ。
年々、夜と昼の境界が薄くなってきている。
昔の夜は、もっと暗かった。
夜中になれば、ペルセウスの旅人たちが撒いた星の欠片が見えたのだ。
その欠片が放つ光には、願いを叶える力があるという。
だからこの日、人々はみな早めに明かりを消し、窓辺に集まるのだ。
  
冷め切った珈琲を飲みながら、僕らは暫く食堂の窓から外を眺めた。
  
「あ」
男が、不意に小さく声を上げた。
僕にも見えた。
ひときわ明るい星が、下から上に向かって流れた。
  
「よかった」
男は静かに微笑んだ。
「何か、願いを?」
「ええ」
  
  
翌朝、早くに客人は出て行った。
最後まで礼儀正しい男だった。
用意したパンと目玉焼きを残さず食べ、手早く荷物をまとめて行ってしまった。
掃除をするために彼が泊まった部屋に行くと、ベッドは綺麗に整えられていた。
  
掃き掃除をしながら、僕は窓辺に何か置いてあるのに気づいた。
  
小さな小さな、星の欠片だった。
そしてそれは、まだ少し温かかった。
  
  
<了>

「ペルセウスの旅人」 ペルセウス座流星群の夜に。
(C) 2012 Kurage (Sasaki Kaigetsu)
  
トップページを表示します ほかの作品に飛びます