アイソン彗星の話

   
 その夜、天文ファンを沸かせた巨大彗星の地球接近は、彗星の崩壊という予想外の結末で幕を閉じた。
 星の死に立ち会う機会は、決して多くない。
 僕らの寿命は、あまりに短い。
 近場で言えば、太陽の寿命はあと50億年程度と言われている。
 オリオン座のベテルギウスは、近いうちに爆発し死を迎えると言われているが、数万年後までは「近いうち」に入るらしいので、僕がそれを目にする可能性はあまり高くない。
 
 その夜、
 その生涯に一度きりとなるであろう夜。
 僕は、家出したという二人の少年を捜し回りながら、そんなことを考えていた。
 二人の家出少年は、かわたれどきの草むらの中、並んで眠り込んでいた。
「真野、鹿立、起きろ」
 名前を呼んで、肩を揺すってみた。
「ほら、朝……には少し早いけど、まあ、だいたい朝だ」
 二人の少年は、悪びれた様子もなく、驚いた様子さえなく、揃って「先生、おはよう」と言いやがった。
「先生、彗星は?」
 真野が、眠そうに目を擦りながら、問う。それで、僕は彼らが、明け方の空に彗星を待っていたのだと気付いた。
「砕けたってさ。太陽に近づきすぎたんだな」
「そう」
 真野は、東の空を真っ直ぐに見ていた。
「すごいね。太陽の裏側の出来事まで、すぐに分かるんだ」
「そうだな」
 僕は頷く。
「変なの」
 鹿立が言う。
「まったくだ」
 僕もそう思う。
「星も死ぬんだなあ」
「そう簡単には死なないよ。太陽なんか、あと50億年くらいは、死なない」
「遠いよ、それ」
 そうこうしているうちに、空と地上の境目が明るくなり、少しずつ、少しずつ夜が終わっていった。
 彗星の亡骸はどこへ行ったのかと、僕はしばらく考えていた。きっとそのほとんどは、太陽の重力に捕われて、燃え尽きたのだろう。
 すっかり陽が昇ると、僕は2人を車に乗せて24時間営業のファミレスに行き、目玉焼きとトーストを3人で食べた。
  
  
<了>

ペーパー「エウロパの海vol.2」より
(C) 2013 Kurage (Sasaki Kaigetsu)
  
トップページを表示します ほかの作品に飛びます