白夜

   
男二人で花火ってのは、どうなんだろう、と思ってはいたけれど、予想以上につまらなくて驚いた。
しかも、終電を逃して朝まで暇をもて余した、草臥れたサラリーマンだ。
近くのコンビニで大量に買い込んだ花火に、片端から火を点けた。
あっという間に、あたり一面、燃え終わった花火の残した煙で、真っ白になった。
「……白夜みたいだ」
僕は、思わずそう呟いた。
煙に、花火の色とりどりの光が反射して、やけに明るかった。
僕らは、仕事やら人間関係やら何やら、
口に出したところでどうにもならない愚痴なんか言いながら、
次から次へと、花火に火を点け続けた。
「だからさ」
彼は、ひととおり愚痴が終わったところで、ふと遠い目になって、言う。
「ひとりきりになりたかったら、月にでも行けばいいんだよ。
何か求めようにも何もないし、叫んでも届かない」
完璧だ、と。そうはいっても、残念ながら今日は曇りで、月は見えない。
「息も出来ないよ」
僕は、静かに反論する。
そのとおり、と彼は頷く。
「呼吸くらいはしたいと思うなら、そいつは」
寂しさってやつじゃないかな。
小さな声で、そんなことを言う。
なるほど、まったくそのとおりだ、と。
僕も、やはり小さな声で頷く。
そうして、僕らの白夜は更けていく。
  
  
(了)

ペーパー「エウロパの海vol.3」 2014/9/20
(C) 2014 Kurage (Sasaki Kaigetsu)
  
トップページを表示します ほかの作品に飛びます